トップページ | 2009年2月 »

2009年1月

2009年1月30日 (金)

オーラソーマ

借りてきた本の中にオーラソーマの本がありました

いいものは何でも試してみる主義ですが

オーラソーマはあまり縁がないままです

幸せを手にする人は、「色の言葉」を聴いている―オーラソーマが教えてくれたこと

オーラソーマの第一人者が基本の色について解説しています。

著者:武藤 悦子

幸せを手にする人は、「色の言葉」を聴いている―オーラソーマが教えてくれたこと

すみません・・・

買ってないし、まだちゃんと読んでないからちゃんと評価できない・・・

色について ちゃんと勉強しろよ!!とは思うんですが・

借りたのはたまたまこの本だけど ほかにも色々出版されてます

オンラインでボトルのリーディングができることを思い出しました

昔 やったのはVOICEの オーラソーマ・カラー心理診断

大昔にVOICEを通して 武藤さんのことも知ったはず

本当は実物を見て 感じ取ったほうがもちろんいいんですけど***

これは武藤さんのサイトのオーラソーマオンラインリーディング

私のPCが悪いのでしょうか うまくできなかったけど

このサイト全体が、センスがよくて素敵です

ハムサというカバラのお守りのリーディングもあります

私が直感で選んだハムサは「男性性と女性性の統合」

うーん それができたら 怖いものなし!!

このハムサ、デザインもかわいい!!買えないけど・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月28日 (水)

箱根観音

         

         spa

なんだか とっても疲れてしまったので 

兄と温泉に行こう!ということになりました

ホントは近所の湯快爽快に行くつもりだったのですが、

突然 とっても天山に行きたくなりました

箱根まで 30分もあれば着きます

大人気のため いつも混んでいますが

平日ならまだ大丈夫

Photo_5

ここは天山への門

おとなりに露天だけの一休があります

引っ越してから1度も来たことがなかったことに気付きました

せっかく近くに越してきたのになぁ

犬連れOKなら喜んでくるんですが・・・

久しぶりにお湯に入って

やはりここのお湯が一番好きだなーと実感

6つの浴槽があり それぞれ温度と質が違います

洗い場の前にある大きなヒノキのお湯は

熱いお湯が苦手な人は入れないほどspa

外に出てすぐのにごり湯は肌がつるつるにshine

色々景色と共に楽しめるのがいいです

温泉天国の日本に生まれて 

ほんとっ よかったーと 思います

しばらく来ない間にまた 進化していました

女湯の3階は前はマッサージチェアがぽん!

と置いてあるだけだったのに

大きなビーズクッションのようなものが何個もあり

すっかり女性専用くつろぎスペースになっていました

その奥にはドライヤー完備のパウダールームも

増設されていて 2階の4個しかない椅子を

取り合いしなくてもdangerよくなっていました

そしてマッサージチェアが2台、ベッドが2台

マッサージベッドで背中をごろごろしてもらい

もぉこのまま寝ちゃおうかなーと

思うくらいの極楽sleepy

喫茶コーナーで一休みして

帰りに いつも来るたび気になっていた

赤いのぼりの立っているところに止めてもらいました

やっぱり・・・観音さまだー

急な階段の途中にお堂があります

Photo_2

福寿院 お堂の中はとってもきらびやか

Photo_3

観音さまがよく見えませんでしたが・・

さらにここを下に降ると

Photo_4

「また木なで観音さま」しゃれですか

木をまたいで座り 痛いところ 病んでいるところの

観音さまの同じ部分をなでなでします

そして 自分のも さすります

ちょうど昨日 兄と観音さまについて

話をしていました

普段観音様には縁のなかった兄が

風水をやっているという女性に病院で会い

観音様の写真が載っている新聞の切抜きを

痛い場所に張りなさいとくれたのだそうです

もちろん 半信半疑だったのですが

まあやるだけやってみたらと薦められ

痛めていた膝に貼ったところ

ホントに見事に治ってしまったのだそうです

新聞紙で治っちゃったのだから

かなりのインパクトだったようです

そういうこともあり今回はひじが痛いそうで 

神妙に お祈りしていました

次に天山に来るときに そういえば!!と

思い出すのではないかなと 楽しみです

私は特に痛いところがなかったので

ご挨拶だけしました

木をまたいで 観音さまとご対面し

ご挨拶というのも・・・・

なかなか めったにできない体験でした( ^ω^ )

暖かくなったら 箱根神社とかも 周りたいですなぁ

            

                 spa

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月26日 (月)

竹林の中のカフェロータス

今日は友人F氏のおうちのお掃除・浄化のお手伝い。

まだお邪魔するのは3回目なのだけど くるたびに竹林の素敵さ、

明治時代からのものに改築を重ねているという年代物のお家の

造作の凝り具合などを発見します。

鎌倉、葉山森戸、下山口とコアな場所に古い一軒屋を

見つけては住んできてその暮らしぶりには年季が入っています。

私が古い家に住むことの楽しさを覚えたのは、

彼の影響と言ってもいいほどです。

そしてF氏の古いもの好きは半端ではなく、

仏像から仏具、楽器、レコード、車、食器、ランプ、掛け軸。絵画

いわゆるおじいさんの古時計みたいな柱時計

カメラ、火鉢、ストーブ、人形、茶箪笥、etc・・・

しかも全部何個もある!!

収まりきれないほどあって、仕事があまりに忙しく

ほとんど引っ越したままの状態になっていたので、

テラさんとお片付けを買って出たわけです。

楽しみは片付けてすっきりして縁側で竹を眺めながら

お茶をのんびり飲むこと!

もうここはカフェロータスじゃないか!!ということで

勝手に決めて、ロータスのお茶も持参しました。

我が家はヨークガーデン、ここはカフェロータス、

湘南にこんなところがあるなんてという場所に2軒ともあるし!

Photo_5 

まるで竹寺の中にいるみたい

お抹茶席を作りたいくらい

まるで隠れ家です

お家の周りの敷地を掃除して

竹炭をまき、六ヶ所に水晶を埋めました!!

テラさんが持ってきてくれました 陰陽師か!?

   

Photo_9

おととい、お寺を写したときの紫光線が

      またでました・・・・

しばらく人が住んでいなかったり

  現住民は忙しくてほとんど家にいない、で

        お家がさびしがっているんですって

Photo_11

隣の部屋にも、この写真の下にも

   重くて掛けられない柱時計たちが・・・・

     しかし この写真にも六角形の光が***

掛け軸もたくさん持っていて、玄関には出雲大社の掛け軸を

床の間には 観音さま!!(なんであるの!!)の掛け軸を

掛けることにしました 

タイから買って来た小さなエメラルド仏陀の仏像

菩薩様の仏像

チベット仏教のベル

獅子の置物

壷や青銅の置物やレトロなトランク

収納しきれなくてどうしようというくらいの量のCD

もう絶対カフェをやるしかありませんね・・・

センチュリーのあの鳳凰マークのついた

ホイールキャップも!!

飾りたーい!!という私たちに

持ち主は 「いや 錆びるから」と却下されてしまいました・・

もうなかなか手に入らないので

しまっておくんだそうです

ま どこかにおいておけば 飾ってあるのと一緒さhappy02

古い家を片付けて 好きなように 工夫して住むのって

本当に楽しいです

ここみたいに 竹が目の前にあって 

古い素敵なものに囲まれてたら なおさらです

私とテラさんであーでもない こーでもないと

これからすこしずつ 仕上げていくつもりです

わーい 楽しみ

なんてったって うちから 車で5分の距離です

ほんとーに3年間、こんなに近くに住んでいるなんて

知らなかったのだから 不思議

猫さんもあそびにくるので ヨークくんがきたら どーなることか・・

Bubu

片付けがすんで ラーメンをごちそうになりました

        

 BUBUのぶーぶーたちです

  ちょっと分かりにくい場所にありますが

     おいしいです

駅までテラさんをおくって 改札から ラスカのほうへ行きかけたら あぁぁぁぁぁhappy02

でた~ ウサギを連れた人!!

しかも 肩に1匹、コートのフードの中にもう1匹!

よく落ちないなあ

まさしく肩に乗ってる子はアーモンド形で黒の目でした

かーわいーと叫んだら 飼い主の男性はちょっとはにかんだ表情になりました

写真撮りたかったんだけど・・・・

F氏はバスのカード売ってるおばさんのほうがよっぽど宇宙人ぽいと一言・・・

いえてるかもしれまえせん これはほめ言葉なんですよ いやほんと

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月24日 (土)

「竹内文書」と月の先住宇宙人

cute                

図書館で本を検索していたら なつかしい飛鳥昭男氏の著作が

1冊だけあったので借りてきました

『「竹内文書」と月の先住宇宙人』 徳間書店 という

ぶっとぶタイトルですが 内容もぶっとんでました

日本人なら というか 地球人なら 絶対知りたい

私たちはどこから来たのか?にかなり応えてくれるものです

真相は今後 どんどん明るみになっていくと思いますが

正しいか正しくないかは いずれはっきりするでしょう

長い間 偽書とされてきた古文書が認められる日が♪

日本の歴史って起源がすごくあいまいです

それは分からないからなのではなくて

真実があって 都合が悪いから隠されていたわけです

というか 時が来るまで明かせないのかも知れません

そこらへんの隠されてきたことが記されているのがこの本です

竹内文書に限らず古文書は日本書紀と記紀以外は

ことごとく偽書扱いにされているのですが

ようやく 読み解ける時代が来て

読み解ける人が解読したのでは*

これまでにも竹内文書に関する本はでてきたし 

私も読んだ覚えがあるけど・・

忘れてるんですよね すっかり

ここでは竹内文書だけでなく色んな古代史、聖書まで

取り上げて検証しながら解読していき 

今まで頭の中でうまく繋がらなかった知識の断片が

うまくはまっていくような面白さがあります!

ぶっとびの内容をかいつまんでみると・・

序章 アポロ計画の真相(わくわく)

アポロ計画は最初からUFOにつきまとわれていた

アポロ8号の有人月探索飛行時には

月の裏側に多数の正体不明の基地やUFOを目撃している

UFOはサンタクロースと呼ばれる超巨大マザーシップ

1969年7月21日アポロ11号の月面着陸については

実際に降り立っていないのでは?という疑惑がささやかれていましたが

最初に月面に降りたのはアームストロング船長ではなく操縦士のオルドリン

オルドリンは自分が先に降りると主張し続け最後の最後までゴネたので 仕方なく譲ったらしい・・

オルドリンが降りたあと2分間映像がシャットアウトされ カメラのオーバーヒートと説明されているが

実は宇宙船サンタクロースが現れたからで 以後の映像は空軍基地エリア51からの地上要員による

作業風景に切り替わった

月ではUFOが見守る中、アームストロングに成りすましたオルドリンとオルドリン役のアームストロングが

作業を行いその時のアフレコどおりに地上でバックアップ要員たちが作業を行ったというのが真相

その後オルドリンは精神に以上をきたしたとも言われている

(UFOの存在はひた隠しにされていたわけですね NSAのコントロールセンターの人たちにさえも!)

オルドリンが写したマザーシップや月面基地など写真も多数掲載されています

さて これはほんの序章で 神武天皇以前の天皇のことなどがこれから展開されるわけです

ああ頭がついていけるかしら・・・UFOから天皇に・・次はどこへ飛んでつながるの??

あとは整理がついたらということに++

appleapple

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月22日 (木)

心機一転 再スタート

ブログ こちらに引越してきました

最近 3年ぶりに 昔のブログを

再会したのですが どーも しっくりこない・・

再スタートということで心機一転 

新しいページを作ったほうがいいなぁと思い立ちましたshine

思えば ここ何年か とてもブログを更新する余裕がありませんでした

これから先 急速に変わっていくだろう 全てについて

心の中という無限の世界の側面から 見つめていくつもりです

新しいっていいです!!あぁ すっきり

ここには お絵かきツールがついているので 早速

最初はこんなもんで・・ 

Cocolog_oekaki_2009_01_22_14_38

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月21日 (水)

富と宇宙と心の法則

宇宙と一体になれば

どんなものでも

作り出すことができます

              byディーパック・チョプラ

今日は人と話したり

会ったりするのに

少しのタイムラグもありませんでした

タイミングが合うというのは

こういうことを言うのだなと

思いました

私の周りには数字に意味を見出す人たちが多くて

いつもふうーんと人事のように聞いていましたが

やっと数に目覚めたのか 数について知りたいなー

と思ったのは昨日のこと

今日は図書館で予約していた竹内文書についての

本が用意できましたというお知らせをもらって

今日行こうか明日でいいかなーと

まよっていたらテラさんから電話があって

他の用事を言いつけられまして

これは図書館にもいけということだなと思い

電話を切ってでかけました

図書館に行って本を借りて

帰りに友人の家によって(ちょうど帰ってきたところでした)

お茶をご馳走になって

家に着いたら弟が待っていました

私を追い越していったバイクがいて

それが弟でほとんど同時に到着

よかったー

昨日うちに来た弟に

これすごいよーとスーパーセブンを見せたら

ちょっとつけさせてとつけたまま

家に帰ってしまったので

返しにきたのです

どうだった?と聞くと

扁桃腺を腫らしている姪っ子に

つけたら 肩こりが治ったそうです

中学生が肩凝るってどういうこと??

しかし肩にきいたのは私とおなじ

彼女もすぐに色んな影響を受けて

重たくなるタイプなので

しょってたものをおろしたのかもしれません・・

・・・そして何冊か借りてきた本をぱらぱらめくっていたら

1から25までの数がのっていました

17は「無敵」 よしっ

ここでは「統一場(森羅万象の創造の源)がもつ25の特徴」

としての25の項目についての説明なので

純粋に数の持つ意味とは少し違うのですが

ま なんでも応用しましょう

その本はディーパック・チョプラ氏の

「富と宇宙と心の法則」 サンマーク出版

ここでいう富とは単なるお金儲けのことではなく

欲求が簡単にかなえられ 

願望が ひとりでに実現することだそうです

豊かさを作り出すための原理について

書かれているらしい

それは素晴らしいことです わくわく

今の私が一番必要としていることです

とても薄くてシンプルにできています

でひ 法則を知って

本当の豊かさを 手に入れましょう

意志を固めれば

宇宙が細かなことを処理し

チャンスを提供し

実現してくれます

これも チョプラ氏の言葉です

本当に不思議なことですが

そういうことです

観音さまやイエスさま、大天使たち、特にミカエルなど

たくさんの存在たちに助けを求めました

結果、続々と助けがきています

目に付くところ 気を付けていれば

いたるところに メッセージが隠れています

今日TVでオバマ大統領の政策についてやっていました

市民の草の根運動によって勝利し

市民の声に従う政治を作り上げようとしている

オバマ@アメリカ すばらしいです

まず一人一人が信じることからですね

yes、We can!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月20日 (火)

数字のおつげ

今日はヨークくんを残して鎌倉まで

お出かけしなければなりませんでした

すごい寒いので自転車や電車を待つなんて・・

車にしました・・エコじゃないなぁ

駐車場の番号は17番でした

出て行くとき13番があいていて

そこに入れればよかったと

チラッと思いました

13番は天使の数だから・

家に戻ってから

17は あなたの考え、将来に対する計画などが

正しい方向にあることを示しています

という番号だという文章を読みました

やたっ

疑いは露ほどもないけれど

OKをもらえるのはやっぱりうれしいです

確認のメッセージを

ありがとうございます

・・とうとう私も数を気にするようになったかぁぁ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月19日 (月)

鳳凰またはフェニックス 鎌倉長谷寺

さっきまでもう1つのブログに長谷寺のことを書いていて

UPしようとしたら・・・消えました

2度も書く気がしないので

別の側面で書こうと思っていたことを・

もともと一番最初に私を長谷寺に導いてくれたF氏と

テラさんというオールスターメンバーでお参りしました

今日のこの情景をテラさんは大昔に

ビジョンでみていたそうです

大きな黒い車に乗って

私は変なかっこうしてたそうで

乗せてもらったF氏の愛車は

30年前のセンチュリー

当時の最先端技術と

内装も凝りに凝ってすっかり重役気分

鳳凰のマークがついています

senchury houou

久々の十一面観音様と感動の再会をして

宝物館に行きました

ここには奈良長谷寺開祖であり西国三十三巡礼札所を開き

ここ鎌倉長谷寺の十一面観音を彫らせた徳道上人の像も*

三十三応現身立像という観音様の変化した姿である

三十三体の立像も勢ぞろいしています

その中に亡くなられたF氏の父上に

そっくりな像があると教えられ、

順に見ていくとテラさんの夫・Yっちゃんの

そっくりというお像がありました

笙を吹いています

笙といえば 東儀秀樹さんですね~

私の大好きな 「光り降る音」

かんのゆうこさん文 東儀秀樹さん絵

鳳凰が笙になりウサギを助けるという

とても素敵な絵本です

家族の鎮魂のために鳳凰を描いたのですが

モデルはこの東儀さんの描いた鳳凰でした

鳳凰

テラさんに教えてもらったkazukiさんのブログから

フェニックスからのメッセージを見つけました

アトランティスの雷鳥なのだそうです

わたしは不死鳥です

時が来ました

わたしは再び、灰の中から復活いたします

あなたの魂の中で小さく仄かに揺れる炎を見つめ、

わたしの舞い上がるように飛ぶ姿を印象づけるならば、

わたしはあなたの魂の中へと宿り、

永遠に満ちたる光の炎となりて、甦るでありましょう

わたしはあらゆる闇を焼き尽くす

わたしは、あなたが抱えるすべての闇を焼き払うでしょう


あなたの中に閉じ込められている幼き子供よ

その牢屋のような格子戸の扉の鍵を開け、

手を差し出した先に、わたしは居ます


もう、苦しみ悩み、もがくことはない

鬱々と嘆き悲しむこともない


わたしを強く意識して

あなたの意識の中で、揺らめく炎を振り撒きながら

絶え間なく光を降り注ぎ、舞い上がるわたしが観えるはず


わたしは不死鳥です

時が満ちて、伝説も神話も通り超えて、現実となり

わたしはいま、あなたの深い意識の中へと甦るでありましょう

by フェニックス

そのまま転載させていただきましたが

長谷寺から繋がって届けらたメッセージです

鳳凰≠フェニックスかもしれないけれど

まぁ 同じ伝説の雷鳥つながりということで!

なんだか このような応援メッセージが続々と

それはついこの間まで 恐れでいっぱいだった

そして今も少々の私をたくさんの存在たちが

励まし勇気付けてくれている証拠でしょう

「助けてください」といえば

いつでも助けることになっているのが

宇宙の法則なのだそうですから

がんがん助けを求めています

そして助けられています

現実に立ち向かうのはあくまで私自身なのですが

きっと乗り越えられるはず

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月18日 (日)

パワーストーン

北海道からやってきたスーパーセブン

1日目 特に何も感じず。

2日目 つけるの忘れてた。肩の痛みがひどい

あ、つけなきゃ!と寝る前に思い出し、身に付けて寝る

3日目 あれ?起きたら肩がとても軽い

昨日はめいっこと一緒に寝たので

変な態勢で寝たりしていたのに

そして気付くと 手や腕をなぜか なででる

何かが違うんだけど なんだろう??

4日目 また忘れてる

手が痛い・・両手の親指と人差し指の間の股の部分・

肩が凝ってたりすると痛くなる場所

あわてて朝つける

あれー?ほとんど痛くなくなってる・・・

という感じです

この石は ネガティブなものから護ってくれる石だと聞いていましたが

私のあのひどい肩の痛みはなにかしょってたんでしょうか・・?

それを祓ってくれたのかな~

うそのようだけど 初めての体験です

今まで色んな石が家に来ましたが

こんなにはっきり何かを感じたことはありませんでした

とてもとても いい感じ

なんだか 相変わらず色々起こり続けていますが

それはこの子が来る前からそうだから 関係ないかな

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2009年2月 »