« パワーストーン | トップページ | 数字のおつげ »

2009年1月19日 (月)

鳳凰またはフェニックス 鎌倉長谷寺

さっきまでもう1つのブログに長谷寺のことを書いていて

UPしようとしたら・・・消えました

2度も書く気がしないので

別の側面で書こうと思っていたことを・

もともと一番最初に私を長谷寺に導いてくれたF氏と

テラさんというオールスターメンバーでお参りしました

今日のこの情景をテラさんは大昔に

ビジョンでみていたそうです

大きな黒い車に乗って

私は変なかっこうしてたそうで

乗せてもらったF氏の愛車は

30年前のセンチュリー

当時の最先端技術と

内装も凝りに凝ってすっかり重役気分

鳳凰のマークがついています

senchury houou

久々の十一面観音様と感動の再会をして

宝物館に行きました

ここには奈良長谷寺開祖であり西国三十三巡礼札所を開き

ここ鎌倉長谷寺の十一面観音を彫らせた徳道上人の像も*

三十三応現身立像という観音様の変化した姿である

三十三体の立像も勢ぞろいしています

その中に亡くなられたF氏の父上に

そっくりな像があると教えられ、

順に見ていくとテラさんの夫・Yっちゃんの

そっくりというお像がありました

笙を吹いています

笙といえば 東儀秀樹さんですね~

私の大好きな 「光り降る音」

かんのゆうこさん文 東儀秀樹さん絵

鳳凰が笙になりウサギを助けるという

とても素敵な絵本です

家族の鎮魂のために鳳凰を描いたのですが

モデルはこの東儀さんの描いた鳳凰でした

鳳凰

テラさんに教えてもらったkazukiさんのブログから

フェニックスからのメッセージを見つけました

アトランティスの雷鳥なのだそうです

わたしは不死鳥です

時が来ました

わたしは再び、灰の中から復活いたします

あなたの魂の中で小さく仄かに揺れる炎を見つめ、

わたしの舞い上がるように飛ぶ姿を印象づけるならば、

わたしはあなたの魂の中へと宿り、

永遠に満ちたる光の炎となりて、甦るでありましょう

わたしはあらゆる闇を焼き尽くす

わたしは、あなたが抱えるすべての闇を焼き払うでしょう


あなたの中に閉じ込められている幼き子供よ

その牢屋のような格子戸の扉の鍵を開け、

手を差し出した先に、わたしは居ます


もう、苦しみ悩み、もがくことはない

鬱々と嘆き悲しむこともない


わたしを強く意識して

あなたの意識の中で、揺らめく炎を振り撒きながら

絶え間なく光を降り注ぎ、舞い上がるわたしが観えるはず


わたしは不死鳥です

時が満ちて、伝説も神話も通り超えて、現実となり

わたしはいま、あなたの深い意識の中へと甦るでありましょう

by フェニックス

そのまま転載させていただきましたが

長谷寺から繋がって届けらたメッセージです

鳳凰≠フェニックスかもしれないけれど

まぁ 同じ伝説の雷鳥つながりということで!

なんだか このような応援メッセージが続々と

それはついこの間まで 恐れでいっぱいだった

そして今も少々の私をたくさんの存在たちが

励まし勇気付けてくれている証拠でしょう

「助けてください」といえば

いつでも助けることになっているのが

宇宙の法則なのだそうですから

がんがん助けを求めています

そして助けられています

現実に立ち向かうのはあくまで私自身なのですが

きっと乗り越えられるはず

|

« パワーストーン | トップページ | 数字のおつげ »

」カテゴリの記事

神社仏閣めぐり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1159418/27371513

この記事へのトラックバック一覧です: 鳳凰またはフェニックス 鎌倉長谷寺:

« パワーストーン | トップページ | 数字のおつげ »