« 追記:夢神社 | トップページ | 不死の山 »

2009年2月17日 (火)

産土神社

産土の神社に久しぶりに行ってきました

すごぉぉく 小さい神社です

ご祭神がどこにも書いてない・・・

由緒もなしwobbly

Photo

左奥にもう1つ見つけました

Photo_2

ちっとも気付きませんでした・・

お賽銭入れには 乾燥しきった木の実が入ってました・・・

Photo_3

寒川の宮山神社にあったのと同じ灯篭

灯篭ってみんな同じもの?

あとで調べたらご祭神は天照大神さんでした

以下は忘れないためのメモなので意味不明かと・・・

昨日見つけたサイトの VIP ROOM映像

飛鳥昭雄氏編のまとめ

日本のプレートの交差点のど真ん中に

富士山がある

日本は世界の雛型なので 世界で起こることは

まず 日本に起こる

天皇が京都に戻ったら 噴火が起こるcoldsweats02

ヤタガラスは聖徳太子のお使い(神武天皇のお使いとも聞いた・・)

子供の遊び「カゴメ」

夜明けの晩→一番暗い時

鶴と亀が統った(すべった)=合わさる

後ろの正面だあれ=この謎が解けて初めてヤタガラスに会える

行きはよいよい 帰りは怖い・・・うかつな者が近づくと帰ってこられない

飛鳥さんは ヤタガラスと会ったんだって(人ですか?)

「かぐや姫」=伽倶夜比売=伽耶の国の人

かぐや姫の迎えが来たときに取り巻きたちは

金縛りのように動くことができなかった→光=プラズマ

=電磁波=人体が受けると運動神経をやられる

物体を浮遊させることもできる

かぐやは不老不死の液体を形見として

おじいさん おばあさん 天皇(求婚者)に渡した

三人は飲まずに 山の頂上で燃やした

=不死の山=富士山↓

後に秦の皇帝は東海に浮かぶ3つの山に行けば

不老不死の薬が手に入ると徐福に取りに行かせる

(富士山は3つの山が噴火して1つになった)

秦氏の長=神武天皇=宗神天皇=神宮皇后(実は男性)

神とつくものはみんな同じ神武天皇 =多次元同時存在の法則

どこを経て日本にやってきたか

韓国経由で対馬・長崎あたりに上陸

日本海・瀬戸内海どちらかのコースであろうと

大和朝廷の中心部に入っていく

通過点に 三柱の鳥居をおいていった

対馬 長崎にもある 京都太秦蚕ノ社

三柱のことをかいているのは聖書

父と子と聖霊

(宗像三柱女神は関係なし?)

秦氏が漢字を作った=日本人の祖

秦氏は秦から来た

裏に神話を作った人たちがいた

浦島太郎のもらった箱=玉手箱世界の宝

古代文明の中で最高の宝 日本にある=アーク

模造品は御神輿 「わっしょい」はヘブライ語

鳳凰=おすとめす 1つに合体

左右に羽を広げたケルビム

神社の屋根にのってる???

賽銭箱は日本とイスラエルだけ 神殿を修復するため

全てが繋がっている

日本はそのように仕組まれている

世界中からカモフラージュするために

******************************

最近UPされた緊急特番前半、後半はこれから

一体どうなるのか どう備えるべきかについて

とても現実的なこと

中丸薫氏映像メモ:

神武天皇より前 シリウスから来ている

景教=原始キリスト教 三柱の鳥居

|

« 追記:夢神社 | トップページ | 不死の山 »

神社仏閣めぐり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1159418/28140779

この記事へのトラックバック一覧です: 産土神社:

« 追記:夢神社 | トップページ | 不死の山 »