« 法隆寺再建の謎 | トップページ | 観音崎・走水神社 »

2009年3月16日 (月)

鶴岡八幡宮にも負けないぞ

春なのかしらぁと浮かれたくなるお天気でした

しばらく浮かれていられそうですcherryblossom

今日は久しぶりに八幡様へお参りに行きました

ヨークくんは車の中から 出ようとしないので そのままお留守番

おかげでゆっくりできましたeye

ここはとにかく参道が長く 国道沿いの大鳥居をくぐると今は車道に

なってしまい 両側に松が植えてあるのだけがなごりです

道が狭くて すれ違うのがやっと 最近少し拡張されました

そこから信号を渡ったところで古い小さな太鼓橋がありまた鳥居

その先がやっと現在の参道です 

Photo_4

お水が干上がってしまった池が両側にあり

3

ここだけ かろうじて すこしお水があり 鴨が三羽

Photo_5

明恵上人の碑がありました

説明によると ここの松は明恵上人が植えたのだとか

ええー 明恵上人といえば 京都の高山寺

白洲正子さんの影響で行きましたよ 京都まで

夢日記をつけていたので有名です

こんなところで 松を植えていたとはbud

ここから一般道路でまた参道が途切れ やっと境内へ

Photo_6

左手には淡島神社 淡島神社といえば・・・

和歌山の海沿いの人形のお寺!

例祭が3月3日となっているのでやはりつながりがあるのですね

女人守護の旗がはためいていました 

ご祭神は少彦名命

Photo_7

その横にはガン封じの石が 鉢巻締めてかわいらしい

Photo_8

鉾宮神社ほこのみやじんじゃというのもありました

本殿の右後ろにひっそりと

ご祭神は須佐之男命

Photo_9

今日は買おうと思って来たヨークくん用のお護り

飼い主とおそろいのお守りや犬用・猫用のお護りがあります

反射板になっていて暗闇で守ってくれそうな これにしました

見えにくいけど 犬の顔がついてます

健康長寿 交通安全happy01 ありがたいですな

お散歩のお供に首輪につけました

今では茅ケ崎中の神社が参加する「浜降り際」ですが

最初は浜での禊として ここ鶴峰八幡だけでやっていたようです

それが一時寒川神社の摂社となり 2社が参加

1876年に「浜降祭」と名称が変更

源頼義が氏神の岩清水八幡宮を勧請して

鶴峰八幡宮を勧請したのが1030年

全く同じようにして鎌倉の鶴岡八幡宮を創建したのが1063年

昔はたぶん鶴岡八幡宮に引けをとらないくらい立派だったと思います

それが荒れ果ててしまい 明恵上人が松を植えたり 

社殿の修復をして再興したそうです

岩清水八幡宮については 夢神社7回目でもちらっと

紹介されていましたが水のきれいなところ 

そういうところには龍神がいる

強い神社ほど水に囲まれ 橋がある

一説によると京都の神社は岩清水八幡宮を向いて

作られているということです

鶴峰八幡宮にも大きな池らしきものがありますが 

荒れ果て 枯れ果てています

初めて行ったときは うっそうとしていて なんだここは!

と思った覚えがありますが今は枯れてるって感じです

ですが ものすごく大きなイチョウの木があったり

Photo_10

ここは本当は大きな力がある場所なのではないかと

密かに思うのであります

いつ行っても 宮司さんがいて 社務所も開いています

(御守り売ってます)

御守り買って お賽銭上げて 池を何とかしよう!!

あ この奥には お稲荷さんもいます

|

« 法隆寺再建の謎 | トップページ | 観音崎・走水神社 »

神社仏閣めぐり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1159418/28649563

この記事へのトラックバック一覧です: 鶴岡八幡宮にも負けないぞ:

« 法隆寺再建の謎 | トップページ | 観音崎・走水神社 »