« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月

2009年4月29日 (水)

みんなが幸せになる方法

rain

もうかなり長いこともやもやしています

こんな時期だからいっせいに

誰も彼も何もかもが毒出ししてるんだよ 

きっと

だからしようがないし

できることはとにかく自分を赦すこと

と思ってきました

赦すったって・・どしたらいいのよ・・

ぶつぶつ言いながら

bicycle

先日自転車で駅まで出かけ

親類のお店の駐輪場に

停めさせてもらったのですが

停めて歩き出してしばらくすると

ガチャンと倒れたような音がしました

その時 自転車なくなるかも・・と思いました

いやいやそんなはずはない!!と

打ち消し 倒れたかどうかも確かめずに

急いで駅に向かいました

駅に戻ると雨が降っていたので

自転車には乗らずに帰り

次の日に取りに行くと

見事になくなっていました・・crying

一度は諦めたものの

撤去自転車の保管所にあるかもしれないと

言われ 問い合わせてみるとあったので

休みの日 大雨の中取りに行き

かなり大変な思いをして

車に積み込んで持ってきました

その後自転車に乗ったとき

後ろのタイヤに空気が入っていない感じなので

家に戻って空気を入れそのまま乗りました

降るとは全く言っていなかった雨が降ってきました

しかも結局タイヤはパンクしていましたcrying

私のマイナス思考は自転車や車にすぐに

伝播することはいやというほど分かっているので

マイナス思考が浮かんだときは

「そのようにならないようにしてください」と

神様にお願いして事なきを得てきました

しかしそれをせず 気のせい気のせい

なんてほっておくとこういうことになるのだと

つくづく思いばかばか!!と

自分を責めながら

今日はほおっておかずにどうしても

パンクを直そうと雨の中自転車を引いて

一番近い自転車やさんに行くとお休み

次に近いところは前回お店の人の

感じがあまりよくなかったので

その少し先の昔ながらの自転車やさんに

持って行きました

おじさんの確かな職人技を見ながら

世間話をしているとやっぱり

ここにして良かった!!と

心がだいぶ和んできました

私の自転車は見かけ倒しで

安定が悪く 何も乗せていないのに倒れたり

すぐにさびる困ったちゃんで

しょっちゅう倒れるせいか

ライトがつかなくなっていました

それもついでに見てもらうと

線が切れていることが分かり

ちょいちょいっと直してくれました

代金は多分とらなかったと思います

お礼を言って雨も止んで

このお店を選んで最後にはいいことに

なって本当によかったと思いました

昔ながらのふるい自転車やさんで

近くにはもっとしゃれた新しめの

自転車やさんがあったりするのですが

やっぱり長年の経験と技術と心いきが

ものを言う!!と思いました

bicycle

で 次の日

その日は職場の雰囲気が

あわただしかったせいもあり

どんどんイライラが募って

なんだか「怒」モードでした

少し前に携帯電話のテンキーの

一枚がはがれてなくなってしまったので

帰りに修理にもって行きました

「お客様は安心サポートに入って

いらっしゃいませんので

修理費がかかってしまいます

同じようなお客様が5千円以下と

なっていましたので

それくらいで済むと思います」

ぶちっannoybomb

1500円で買った携帯が7年くらい

どこも壊れず使えたのに

何故3万円以上して買った携帯が

半年で普通に使ってて壊れ

しかもそんなにかかるわけ???

angrydash

auショップのお姉さんに怒っても

はじまらないので

 「このままでけっこうです」と

携帯をつかんで店をでました

runphoneto

ふざけるなーthunder

ソニーサイバーショット

たった一枚の「な・5」の文字が

はがれただけでプレート全部

取り替えなくてはならないって??

もー今まで好きだったそにー製品

絶対買わないからねっっっtyphoontyphoon

ぶりぶり怒りながらpunchdash

チョーマイナス思考で道を歩いていると

いろんな人と十字路でぶつかりそうになったり

起こること全てが腹立つことばかりannoy

あたしがこんなだからこんなことになっているんだわ

っていうのはじゅうじゅうよおく承知しているが

どうにもおさまらない

友人がオレって阿修羅かもと

叫んでいたと聞きましたが

まさしくその時私はそうでしたcoldsweats01

これはいかん

そうだflair

ちょうど予約してた本を取りに来てと

図書館から言われていたので

行けば絶対気分が変わる!!

と思いつき

予約の本を受け取り 

図書館にはない本をリクエストし

ついでに何冊か借りてやっと

気分が静まって帰りました

しかし本当に自分の意識を浄化しないと

大変なことになるという危機感を

ひしひしと感じました

book

夜寝る前にベッドの中で

予約していた本を読み始めました

そんなに読みたいとは

思わなかったけどなんかこのフレーズ

よく聞くし 人気があるみたいだから

ちょっと読んでみようかなくらいに思って

予約したこの本

読みながら ここ2.3日の間に起こった

いやなこと うまくいかなかったことが

走馬灯のようにくるくる回りだしました

全ては自分の中の潜在意識(過去の記憶)

が引き起こす行動なのだと

そこには説明されていました

自分が出会うすべてのこと

自分に起こるすべてのことが

自分の潜在意識をクリーニングすることで

よい方向に向かう

誰かに何か困ったことが起こっても

それも私の潜在意識のせいなので

というか私の潜在意識の中に

その原因も入っているので

それをクリーニングする

起こること全ては自分の責任だと

思ってはいましたが 

そこまでとは・・・

思ってなかったなー

人の潜在意識は

原初からの膨大な量が入った

広大な海

どの人の思い込みも

私の中にある

なるほどー

人って潜在意識で

つながっているわけだー

eye

ふと寝る前に読んだ記事を思い出しました

ヨークくんのブログのトラックバックの

お知らせメールがあったので

確認してみると

「アトピー性皮膚炎は治せる」

みたいな宣伝でした 

ヨークくんのアレルギー皮膚炎についての

ブログにトラックバックされたのでしょう

そのサイトに行って読んでみると

アトピーの治療で実績を上げているという

お医者さんが薬を使わずに家でできると言い

その方法のひとつが思い込みを消すこと

例えばアトピーは治らないなどという

お母さんの思い込みをまず消す

のようなことがありました

アトピーというのはこのようなものです

という写真が鮫肌の乾燥肌で

これは私じゃないか!と思いました

私は小さな頃から肌がざらざらと乾燥していて

それが普通だと思ってきたので

今の今までアレルギーだともアトピーだとも

思っていませんでしたsweat01

そして結局そのサイトはビデオを

販売しているのだと思うのですが

ほんとうは4万円なのに今なら

9800円だそうで 

いりませんなぁ

と思い削除させてもらいました

しかし 言ってることは結局同じことでは??

そのお医者さんもこの本読んだのでしょうかcoldsweats01

なんか 話がつながってるなー

ハワイに伝わる癒しの秘法 みんなが幸せになるホ・オポノポノ 神聖なる知能が導く、心の平和のための苦悩の手放し方

著者:イハレアカラ・ヒューレン

ハワイに伝わる癒しの秘法 みんなが幸せになるホ・オポノポノ 神聖なる知能が導く、心の平和のための苦悩の手放し方

読んだのはこの本です

ハワイに古くから伝わる

セルフヘルプメディテーション

とでもいいましょうか

この本はイハレアカラさんが書いたというより

インタビューに答えて本になった感じで

なかなかいいのですが

あなたを成功と富と健康に導く ハワイの秘法

著者:ジョー・ヴィターリ,イハレアカラ・ヒューレン博士

あなたを成功と富と健康に導く ハワイの秘法

ご本人が書いたもの

これも図書館にリクエストしました

図書館にあったってことは

読めってことなんだなと思ってhappy01

で 私の読んだ本に戻りますが

いろんな人のホ・オポノポノ体験が

載っていて 新逗子クリニックのお医者さんの

素晴らしいお話があり そこに

末期がんの患者さんの会でNPO法人の

「いづみの会」に参加したとありました

えっ??

これまたさっき寝る前に観た

スタイルFMのVIP ROOM#24で

環境問題評論家船瀬俊介さん

「いづみの会」について散々言っていたのを

聞いていた矢先だったので

びっくりsign03

この会は抗がん剤を使わず笑い療法などで

95%の確立で治癒しているという

驚異的な会だそうです

がん細胞というのは

人間の身体には実はたくさんあり

ナチュラルキラー細胞もあるのだから

本来治るものだといういうことで

医療の世界は製薬会社と厚生労働省が

莫大な利権がらみでひどいことをしていると

話がかなり過激なのでちょっと戸惑いましたが

私の身内もガンで亡くなっていますので

ひとごとでは聞けませんでした

第1部のみで寝てしまいましたが

続き・第2部もあります

話があちこちに飛んでいますが

この新逗子クリニックの石川先生は

ホ・オポノポノを知り講習を受け

治療にくる患者さんにクリーニングも取り入れ

成果を上げているようです

こういうのが理想の医療というものでは

ないかと大拍手です

このような秘法をみんなが実践すれば

潜在意識の海がきれいになり

おかしな悲しい現実は起こらなくなり

インスピレーションがきちんと受け取れ

何をするべきか どうしたらいいのか

瞬時に正しい方法が分かるようになり

平和な理想的な社会になるではありませんか

とりあえずは私のぷち阿修羅状態を

観音さまとはいかないまでも

お地蔵さんくらいまでには

クリーニングして昇華できたら

万々歳でございますshine

そしてもうひとり吉本ばななさんの

ホ・オポノポノ体験も掲載されていました

図書館にいるときなぜかどうしても

彼女の本を借りたくて

一冊借りてきました

「身体は全部知っている」

昔読んだはずですが 

題名がいいです

japanesetea

そしてその夜sleepy

夢を見ました

バスに乗ると浩宮さまが運転手で

どういうわけか知り合いでsweat02

お互いに話をする必要を感じているらしく

浩宮さまが「最後まで乗っててください

お話ができると思いますから」とおっしゃり

「大丈夫なのですか」と私が聞き

一瞬警戒したと思ったのか

「妻と子供には連絡をしておきますから」

happy01

覚えているのはこれだけですが

たくさん乗客が乗っていて

よりによって浩宮さまが運転手・・・・

確かテラさんも浩宮さまの夢を見たと

言ってましたよねー

なんなんでしょうか

あんまりびっくりしたので普段すぐ忘れる

私なのにしっかり覚えていますcoldsweats01

flair

はっきりしたのは

ヨークくんのアレルギー皮膚炎は

私に原因があるということ

この間 高脂血症sweat02の疑いで病院に行ったときに

「アレルギー症状が出ていませんか?

この数値は普通アレルギーの人が

高くなる数値です」とお医者さんに

言われたことを思い出しました

「アレルギーにはなったことはありません」

なんて平然と言ったけど

実は今ぶつぶつが足に出ています・・・・

これってアレルギーなんだー

それの原因のクリーニングと

食事に気を付けること!!!

これでヨークくんがよくなったら

自ら実証できることになりますね 

やたー

「ありがとう」

「ごめんなさい」

「赦してください」

「愛しています」

この4つの言葉がキーワードです

さー頑張るぞーと思った矢先

ヨークくんに悲惨なことが起こってしまいました

それはヨークくんのブログに書きますが

ヨークくんを私のインナーチャルドに

してしまっているのか?

と思うほど私達 直結してます

私の阿修羅状態をもろに受けるのも

ヨークくんだし ごめんなさいばかりです

頭がおかしくなりそうな毎日ですが

直感は私を見捨てていないし

必要があって起こっていること

助けがちゃんとくるからありがたいこと

いつでもどこでもひたすらクリーニングだー

wave

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月26日 (日)

阿修羅展と勝神五人衆

先日の「結晶洞窟」の結晶の正体は石膏でした

石膏ときいてもしかして アラバスターでは??と

思いました

調べてみるとアラバスターは

古代は方解石 

今は雪花石膏のことを言うようです

やはりあれはアラバスター??

ボブ・フィクスの「時を超える聖伝説」には

「アトランティスでは すべてのものがアラバスターに

物質化していた」 というくだりがあるのです

スフィンクスもアラバスター製shine

エジプトにはその他たくさんの

アラバスター製の彫刻があるようです

エジプトでお土産に小さな壷を

買ってきた覚えがあります

石膏っていうと骨折ったときに固めるものとか

美術の時間のデッサンを思い出したり

あんまりありがたくないないですが

アラバスターというと なんだか高級っぽいイメージshine

さて 今朝出かける前にポストをのぞいたら

アマゾンで取り寄せた本が届いていましたheart

それを持って読みながら電車に乗って南青山へ

「勝ち神」に愛される方法―人生大逆転の「秘伝」と「秘法」

著者:友常 貴仁

「勝ち神」に愛される方法―人生大逆転の「秘伝」と「秘法」

当初は特に買うつもりはなかったのですがsweat02

福岡FMの原さんが強力に薦めるし

これを頼りにお参りに行っているようなので

読んでみようかなーと・・

読んでよかったー

飯能の山奥の竹寺で聖徳太子の封印が解かれ

勝神五人衆が結ばれたことによって

これから迎える逆境の時代を乗り切る秘訣が

披露されておりました

その秘訣とは 勝神さまのいる場所にお参りすることです

勝神というと勝負に勝つとか負けるとかのように聞こえますが

幸運の力をいただくということです

2009年はその勝神詣での年なのです

これからの月日を安心して迎えたい方は ぜひ

購入されて作法にのっとり最強最大のちからを

頂くべくお参りをして神様に願い約束をして

自分らしい未来を作られてはいかがでしょうか

なーんて 宣伝マンになってしまいましたが

最強の勝神である牛頭天王のお堂へお参りして

そのパワーと清浄さを実際に感じた者としては

ありがたく参考にさせていただかずにどーするsign02

という心境です

福岡FM放送「夢神社」でもしょっちゅう聞いていて

走水神社 吾妻神社とも水つながりで

つながっている気がする岩清水八幡宮

つい先日知り合いが京都に行くというのですが

日本どころか世界までもあちこち周っている人なので

あまり気に留めないでいたのに

何度も京都の話が出てくるので

どこに行くの?と聞いてみると

ななななんと 「岩清水八幡宮」

えええ??耳を疑ってしまいました

いーなーいーなーいーなー

とっても行きたいと思っていたところ!!!

思いっきりうらやましがったのですが・・

2日間にわたる神事に参加し今日帰ってくるはずです・・

とっても不思議で面白いお話なので

ご本人のお許しが出たらまた触れてみたいと思います

その「岩清水八幡宮」この本の一番最初に出てきました・・・

半分くらい読んでお仕事をして

「確か上野では土日は遅くまで阿修羅展をやっていたはず!!」

と閃き 地下鉄でほんの少しの距離なので行ってしまえ!!と

上野へ向いました

いつもはJRで行くので降りて真正面の道から行くのに

今日は地下鉄なのでいつもと違う場所に出ました

いきなり目の前に清水観音堂

Photo

これはこれはまたまた観音さまでしょうかと

まっすぐ行ったもののもう夕方でおまいりはできませんでした・・・

千手観音様がいらっしゃるそうなのでまたの機会に

お参りしようと思いました

そこから進んでいくとまたまた鳥居が・・・

Photo_2

花園稲荷神社です

そのお隣が

Photo_4 Photo_5

五条神社 またまた景行天皇の文字が・・・

そのほかにも上野東照宮とか仏塔パゴダとか

寛永寺とかなんなの上野公園って!!

こんなに神社仏閣があったの??

などと思い家に帰って調べると

昔は寛永寺の境内だったそうです

上野公園って!!ちっとも知らなかった

小さな頃から動物園やお花見やよく来た場所だっていうのにbearing

さてやっと博物館にたどり着き阿修羅展

Photo_6

さぞ貸し混んでいるだろうと覚悟していったのに

まるっきり並ばずさすがに中は人がけっこう

いましたが大混雑というほどではありませんでした

週末・祝日が夜8時までやっているのは大助かりです

興福寺の中金堂須弥壇の下から発見された宝物

水晶や色々な石がとても綺麗でした

360度から阿修羅を眺めて楽しんで

四天王にも会えました

電車で上野まで移動中 四天王 特に多聞天についての

話を読んだばかりだったのでありがたく拝見しました

みうらじゅんさんと高見沢俊彦による阿修羅ソングのCDがあり

阿修羅ファンクラブなるものまででき どうせ

みうらじゅんが言い出したのだろうと思っていたらその通りでしたhappy01

その昔仏像にはまる前にみうらじゅん+いとうせいこうの

「見仏記」を愛読して仏像がぐっと身近になり

神社仏閣めぐりもグッズ集めから入っていいんだと

気楽な気持ちになったものでした

その影響でイタリアではバチカンだろうとどこであろうと

まずまっすぐにショップに走り

さんざん連れに馬鹿にされたもんでした・・bearingおほほほ

そのなつかしーい「見仏記」も売られていました

余談ですが 最近auのCMで この人どこかで見たことある!!

と思いつつ どうしても思い出せなかったのですが

あるとき みうらじゅん!!と突然思い出しました

ヘアスタイルも 全く変わっていませんねー

ちなみに阿修羅の大ファンではない私は

ファンクラブには入りたくとも入れません・・

12分の1の阿修羅フィギアまで登場し

あったら買ってもいいかなと思っていたのですが

すでに売り切れでした・・・よかったのかも・・

今日の掘り出し物は・・・(今日はショップは後にしましたsweat02

Photo

とっても可愛い呼び鈴

気に入って買おうとしたら

「この鈴!!これいいんですよ とっても!!」

長年鈴を作り続けているインドの工場製で

今日出したばかりできっとすぐになくなり

次はしばらくしないと出てこないと

うれしそうに売り場の責任者のような男性が

言っていました

ヨークくんを呼ぶのに使おうか

ご先祖様にお水を上げるときの鈴にしようか

どうしようかなと思いつつ家に帰って鳴らしてみると・・・

とってもいい音色

Photo_2 Photo_3

顔がこここわい・・・

Photo_4

ヨークくんが異常に反応

怖がっているようではないけど

鈴に向って飛びついたりお座りしたり

もしかして食べ物と間違えてる?はずはないと思うが・・

(写真に写っているぼろぼろの箱は

ヨークくんが破壊しました 私ぢゃありませんsweat02

この分だと鳴らしたら 飛んできそうです

さて 帰りの電車の長旅で本を読み終えてしまいましたが

関東にもいくつか勝神がいらして

なななんと 今行って来た上野の博物館の

裏には護国大黒天が・・

不忍池弁才天とともに谷中七福神に入っているそうです

まぁ池の蓮が美しく咲く頃の

昼間にゆっくり行きなおします・・

だいたい この阿修羅像も友常氏と縁が

ないわけがないと思うし

何で急に阿修羅展に行きたくなったのか

本を手にしたことと関係あるのか

それでなくてもここ何日間かは気づかぬうちに

怒涛の勝神パワーが動いていたのではないかと思われます

次は早くも怒涛のエジプト展めぐりが予想されます

さてこれ以上書いていると明日起きられません

日々時間の経過が加速されていると思うのは

私だけなのでしょうか??

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月17日 (金)

みなとみらい

元町・中華街・関内・日本大通り・馬車道・みなとみらい・桜木町

どの駅も近いので歩きとおせます

関内から程近い さくらみち

Photo

いつまでたっても咲かないなあーと

思っていたら八重桜が見事に咲きました

開港記念館を一周してみました 

Photo_2

屋根の装飾とかがちとこわい・・・

塔は「ジャックの塔」というのだそうです

Photo_3

ふむふむ

Photo_4

開港50周年を記念して1914年に着工

1917年に開館

92年経ってるわけですなー

Photo_5

こんなものもありました

岡倉天心誕生の地

えーここで生まれたんですか???

すごすぎhappy02

何した人だっけ・・・と調べたら

こんなのが出てきました・。・

岡倉天心・廃仏毀釈からの復興

偉い人です!!

Photo_6

こちらはわが県の県庁

朝なのですが天気が悪いため

なんだかこっちのほうが不気味に

写ってしまいましたbearing

これは「キングの塔」

Photo_7

携帯撮影のせいもありとてもみにくいですが

わー天使がいるよ!とみんなで騒いだビル

その名も「天使の住処」結婚式場でした・・

今開港150周年記念で色々やってるみたいですが・

その1つとして くじらさんの後輩が宣教師についての

本を出版したそうで

数日前開港記念館の話をしたとたん

今日本屋さんで買ってきたばかり!

と言うのでお互いにびっくりsign03ということもありました

そんな土地にある職場では毎日のように

「この人選はおかしい 絶対になにかある!!」

とみんなで言い合っています

「初めて会った人たちぢゃない!!」って・・

やけに話があうなーと思ったら

プロの占い師もいました(一時休業中)

場所も人も絶対へん!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月16日 (木)

結晶洞窟

毎朝5時に目覚ましがなって

わあ~あと1時間も眠れる!!と喜び

6時に起きるというすっかり早起きの日々

天気予報を見るためにTVをつけていたら

メキシコのとある地域の地下にある洞窟で

巨大な結晶が見つかったというニュースを目にしました

その洞窟は地下300Mの場所にあり 

湿度100%(だったかな?)気温(確か)40℃

洞窟の入り口から30分歩いて

結晶の林というか森にたどりつくそうで 

冷却スーツと冷却酸素マスク着用でないと

熱中症にかかってしまうという過酷な環境のなか

探検隊が入って行くと 

まるでミクロの決死隊のような光景!!

巨大なクリスタルワンドのような結晶の柱に

人間が登ってるとまるで人形のよう

見た目はクリスタルのようですが

ただの「結晶」としか言っていなかったので

その正体は何なんだろう????

と興味深々です

水晶は高温の場所にでき 地球の内部は

クリスタルだらけのはずだとクリスタルスカルの本で

読んだばかりだったので でたーと思いましたが

さて・・・

こんなに大きな結晶が

集まっているところは初めて発見されたそうです

「詳しくは今週土曜日の夜10時から詳しくお伝えします」

とのことで忘れなければぜひ観たいと思います!!

NHKでーす BSぢゃなくてよがったー

クレオパトラのお墓がみつかりそうとか

にわかに 秘密が解き明かされ始めている感じで

まだまだこれから続々といろんなことが分かっていくのでしょうheart

毎日いろんなことが押し寄せていますが

なかなか書けないでいます

そういえばおとといは久々にすんばらしい富士山を見ました

あんなにくっきりはっきり観えることってなかなかないfuji

時間があったら見晴らしのいいところにいって堪能できるのに・・

と思いながら 仕事に行きましたrun

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月14日 (火)

クリスタルスカル

最近立て続けにクリスタルスカルについての

記述のある本を2冊読みました

極めつけは「謎のクリスタルスカル」

クリスタルってすごいのねーと

すっかり認識が変わりました

クリスタルのスカルについては

昔からあちこちの本にちらほら出てくるのですが

一体何のためにあるのかよく分からなかったし

髑髏なんていかにも恐ろしげだし

良いイメージを持っていませんでした

私だって一皮向けばあの姿になるのだけど・・・

近所の図書館は私の読みたいジャンルの本が

本当に少なくて あるのがまた変な本ばっかり・・

いや面白いのばっかりというべきか・・

普段なら決して進んでは読まないだろう本も

それしかないので読んでみるかflairという感じで

借りてくることが多いのだけど 

読むとへええええ~search

これもその1つでした

謎のクリスタルスカル」徳間書店

(絶版のようですが古本で手に入りそう)

なんだか石づいてるついでに読んでしまった感じ

1998年出版なのでかなり古いのですが

私的には今がぴったりだったのかも

ボブ・フィクスの時を超える聖伝説を読んで

クリスタルスカルが人間の原型となったものなんだなと

いう認識だけはありました

そして クリスタルボディは1体を除き全て 破壊されてしまい

最も重要なスカル・頭部だけは残され 

残っているクリスタルボディーは生命の遺伝子構造を

変えるためにアトランティスのエンジニアたちが用いた

鋳型の全てを含んでいて、それが発見されたら

かつて行なわれた操作を全て解除し 人類の境遇を原初の

神の計画へ戻し 人類を本来の本質の立ち返らせるために

用いられなくてはならない とあります

そして「謎のクリスタル・スカル」には

マヤ人の持っていたスカルは13個

世界各地の聖所に52個あり

世界中で先住民族がつくったとあります

13も52も聖なる数字です

先住民族には代々受け継がれてきた伝承の中に

クリスタルスカルの物語があるようなのです

何千年も昔 この時代の始まる前にプレアデスから

4人の予言者がやってきて 

新旧二つの世界の狭間の警告の

時代に役に立つようにと

クリスタルスカルを残して行った

クリスタルスカルには全ての知恵と知識が蓄えられていて

テレパシーもあり心の病気を癒す力もあるが

訓練を受けた人が正しい理由と正しい時を得て

初めて与えられるもの

だそうです

北アメリカのクリー族の「虹の戦士の伝説」によると

東の海から巨大な取のような白い翼を持った大きなカヌーに乗って

明るい肌をした人々がやってくるだろう

船から降りた人々も鳥に似ているが彼らの片方の足は鳩の足

=愛と思いやりの新しい信仰を表わす

もう片方は鷲の足=物質的富 技術 力 戦いを招く能力への欲望

彼らは信仰を口にするが それにかなう生き方をするものは少なく

鷲の足がいつも優位で 鷲の足で赤い国々につかみかかり

殺し 搾取し 人々を奴隷にした

最初は反抗したインディアンも戦意を失い 奴隷のみに甘んじてしまった

何年も過ぎ 地球がひどく病むようになった

それでもインディアンは何もできなかった

ところが新しい光が東からさしてきて 

インディアンは誇りと力と知恵を取り戻す

明るい肌をした兄弟姉妹が仲間となった

彼らは侵略者に殺されたインディアンの魂の再生者

最初の人々の魂が再生する肉体は 全て色が違う

赤 白 黄色 黒 と虹のように一体となって

彼らは世界中の人々に母なる地球を愛し 

敬意を払えと教える

地球そのものから私達人間は作られたのだから

虹をシンボルとして あらゆる種族も1つになり

地球の全ての生き物と調和して生きる知恵を世界に広めよう

この教えを広めるものは虹の戦士と呼ばれるようになる

戦士といっても 携えるのは祖先の魂 頭には知恵の光

心には愛を掲げ 何物にも害を与えない

平和の力のみを使って戦いを終結させ 母なる地球の荒廃と

汚れを清め 平和と豊かさと喜びに満ちた地黄金時代が長く続く

とあります 

13個のクリスタルスカルが1つの場所に集まったとき

人類の真の起源と存在意義と将来の運命 

偉大な宇宙の秘密が解き明かされることになっているようです

クリスタルスカルはピラミッドのキャップストーンでもあるようで

ピラミッドもまだまだあちこちにあるけれど発見されていないようです

そのたくさんのピラミッドにクリスタルスカルがキャップストーンが

納まったらすごいことです

それが許される世の中になるのでしょうか??

人類が飛躍的に進化してしまいそうなことを

誰にも邪魔されず行なえるか?ちゅうことです・・

邪魔するのはほかでもない 我々の恐怖心ですが

この本はイギリスBBC放送の番組のために

テレビのプロダクションを主催するふたりの男女が

グアテマラ メキシコ ベリーズ カナダ シリコンバレー

ニューメキシコなどを取材して周り

大英博物館では調査したクリスタルスカルについての

結果を断固としてノーコメントと通告され

今の科学技術では作るのは無理らしいことも分かってきたり

先住民達の聖なる儀式に参加させてもらい

クリスタルスカルについての知恵を分かち合い

世界に広めて欲しいと言われる

ごく一般的な思考・価値観の持ち主だった著者達が

先住民の世界観と知恵 クリスタルスカルの語るメッセージ

などに触れていくうちに失われた古代大陸アトランティスや

異星人 異次元のことまでも受け入れざるを得なくなっていく

様子が説得力があります

この本を元にテレビドキュメンタリーが作られ

世界中で放送され NHKでも放映したそうです

観たかった~eye

ちっとも知らなかったcrying

マヤ暦では大きなサイクルが2012年12月21日に

終わるといわれています

それはきっと新しい時代の始まりなのでしょうが

その時までに目覚めないと 良い年明けを

迎えられないのではないでしょうか

色々な知恵や大切なものが

来るべき時のために大切に隠され

護られているのだなーと実感です

その1つで大切な役割を果たすのが

クリスタルスカルということなのですね

エジプトのスフィンクスの前足の下には

古代の知恵が埋まっていて

人類の進歩には欠かせない それはディスクだとか 

みたいなうわさをよく聞きますが(何かで読んだんでしょう)

クリスタルスカルがそこにあるみたいです

スカルはディスクより精巧で丈夫で素晴らしい記憶装置でしょう

世界中の先住民達は地球で生きていくために

昔ながらの生活とクリスタルスカルや叡智を

護りつづけてきたのですね

日本ではアイヌと沖縄の人たちです

近代文明に毒された浅はかな民族達に

迫害され地球上を汚されても

ひたすら耐え 赦し

自分達の叡智を分かち合おうとしてくれています

それが地球の望むことだと理解しているのですね

私の魂はかつてネイティブアメリカンだったはずなのに

できることはほんのすこしでも広めること

周りの人に伝えること くらい

しかしなによりするべきなのは

自分自身のバランスを取って

自分の中を平和に保つこと

毎日 その修行です

修行の最もたるものは

毎朝の満員電車traintrain 

ありえなーいannoy

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 8日 (水)

チェリー+スーパーセブン

花びらが舞い散る桜のトンネルの下を

毎日 くぐります

朝はまだまだ冷たい空気が気持ちよく

暗くなりつつある夕方には空にほの白く

浮かび上がる花びらが本当にきれいです

そして桜並木から家の庭の中まで 

まるで 桜の花びらのじゅうたんのよう

Photo_3 

日本に生まれてよかった

ここに住んでてよかった

桜の季節はつかの間 本当に幸せですheart02

おととし3種類の梅酒をしこみ

一番奥にしまってあった梅酒がいちばん美味くて

あの福住楼の料理長お手製梅酒にも負けない(か?)

くらいに美味くて 毎晩晩酌しながら花見です

晩酌という習慣が全くなかったのですが

寝る前の1杯は ぐっすり眠り翌朝すっきり

新しい職場は こんなににぎやかでいいの?

というくらい 和気あいあいと仕事をしていますが

いつも最後まで帰り道が一緒のバーバラ(日本人だけど)

が桜には桜の精がいるんだよといいだし

横尾忠則を知っているかと尋ねるので

大ファンだと言うと

横尾忠則の絵の小さい宇宙人が浮かんだ!と

言い出しました

ふたりとも横尾ファンで 展覧会にも行っていて

彼女は鎌倉美術館に長く勤めていて 

当然 横尾忠則展の時にもいて 同じ状況を

目撃していたりして きっとどこかで

すれちがっていてもおかしくない

お互い絵を描くし そういう人だったの!!とびっくりでした

うすうすなんかへん・・・とお互いに思っていたことも判明

これからますます面白くなりそうです

帰ると 北海道のYちゃんから

先日譲っていただいた かなり珍しい石

スーパーセブンの解説メールが来ていました

ショップ・メロディストーンのHPには載っていないので

前文のせたいのですが ショップの著作権に

引っかかるといけないので要約すると

意識を開き使命を悟らせ

古い考えを変えたりすることを助けるようです。

浄化の必要もない。

ほぉ~すごい・・・

まだよく分からないけれど大切にします

いつでも導かれた場所に行き 出会うべき人と出会って

するべきことをして学んで成長していくものです

そして一度つながったら どんなに遠くてもつながり続けます

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 6日 (月)

アンドロメダハイツのサボテン

最近昔懐かしい本ばかりを読んでいます

その1つ

よしもとばななのアンドロメダ・ハイツ

この本のことは覚えていました

薬草を作って売って生計を立てている

おばあさんと暮らしていた孫娘が

パキラに癒されたりサボテンと交流したりbud

2002年の出版ですが

ちょうどその頃 私の家にもサボテンがいました

トランスパーソナルのブレスワークで豊川市に行き

そこで知り合った浜松の知人が

ひょんなことからペヨーテを育てていることを聞き

分けてもらいました

ペヨーテって幻覚作用が起こるあれ??

どうやって手に入れたの?

こっそり育ててるわけ??

とびっくりしましたが ちゃんと合法に買えるそうです

知人が増やしたという可愛いふたつのまあるい

ペヨーテがやってきました

当時住んでいた家をみどりハウスと呼んでいたのですが

ペヨーテがきてからその家が本当にかなり緑の濃い

ジャングルになってしまいました

ふつう幻覚作用は食して起こるものだと思うのですが

部屋にいるだけで幻覚を見てる感じ

彼らは名前まで教えてくれました

1つが・・・どうしても思い出せないのですが女性

もう1つがオクトトコトル・・男性です

もう10年近く経つというのにまだ覚えてるほうが不思議

かなり大事にしたのですが 浜松とは気候が違うようで

だんだんしぼんでしまい大変だーと思い

大家のねえさんに預けました

まだしぼんだままいるそうです

ペヨーテたちがいなくなってからジャングルも消えました

植物にはこんなに感じませんがサボテン

とくにペヨーテはかなり強烈なものを感じます

あれは彼らの住処 

同じ場所の違う次元の

泊まりに来てその部屋に寝た友人も

そのジャングルを見たそうですbudbud

頭がおかしくなったかと思うくらい

一時期のみどりハウスは まみどりになってました

うちはみどりハウスでしたが 

この本の題名はアンドロメダ・ハウス

アンドロメダとはとてもかかわりがあります

先週 わいわい市場でサボテンの可愛い寄せ植えが

あって 買おうか相当迷ってやめたのですが

またサボテンとお友達になりたくなりました

オクトトコトルとは離れた場所にはいますが

今でもつながっているのを感じます

ペヨーテってなにもの??

知人はいまでも増やし続けて

いるのではないでしょうか

その人もいったいなにもの?(*^ー゚)b!!

王国―その1 アンドロメダ・ハイツ―

著者:よしもと ばなな

王国―その1 アンドロメダ・ハイツ―

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 4日 (土)

富士山

ここ何日か 寝ると背中と胸のまんなかが痛い・・・thunder

呼吸も苦しくなって無視していると

どんどん痛くなるので 

仕方がないから上体を起こしたまま寝たり

大きなクッションを置いて斜めになって寝たり

そんなことより さっさと病院に行け!!

ということで 今まで散々ヒマだったときに

行かなかったツケが廻り

やっと休日がきて行ってきました

もともと 去年の健康診断で「脂質異常」

コレステロール値が高いと言われていました

肉は食べないしタバコも吸わないしコーヒーも

そんなに飲まないお酒もほんの少しだけ

犯人はお菓子cakeそれしかありえないっ

砂糖を封印していたときはホントに体調が良くて

短時間睡眠ですんでました

紹介された病院の駐車場に入っていくと・

とても懐かしい顔が向こうからやってきました

ちょうど彼もやってきたばかりらしい

同じ職場だったけど辞めてしまい

同じ街に住んでいながら

もう会うことはないだろうと思っていた人でした

こんなところで会うなんて 

いつも懐かしく思うのは

前にも会ったことがあるからです

またいつか他の人生で

会うべき時期に会って

お互いにとって必要なことをして

またしばらくさよならして

それぞれの人生を頑張る

いつも一緒にいなくても

どこかにいてくれればそれでいいと

思える人がいるということは

ものすごく幸せなことだと思います

信じられないことにどーしても

名前が思い出せないのですが・・・・sweat01

でも名前は忘れても何百年後でも

会えば絶対に思い出す人の1人です

いるんだなー そういう人ってhappy01

でも思いがけずまた会えてよかったな

その人はすぐに診察を終えたらしく帰って行き

私は予約は要らないと書いてあったのに

予約をしなかったからと後回しにされ

色んな検査もしたので終わったのはお昼過ぎ。。。

おかげで本を一冊読んでしまいました

またまたすごく古くて懐かしい

富士山 (文春文庫)

著者:田口 ランディ

富士山 (文春文庫)

最後の最後に病院の待合室で涙ぐみ困りました

家で読んでたら号泣だなsweat02sweat02sweat02sweat02

母と8号目まで登ったきりの富士山

いつかっていうか早くしないとですが

ちゃんと頂上まで登ろうと思いましたfuji

診察の結果はとりあえずは異常なし

コレステロール値以外は

普通値だしとりあえず薬も

とりあえずはいらないそうで

背中と胸の痛みは胃のせいかも

しれないそうで

寝る前に甘いものとコーヒーは

摂らないこと

帰ってポストを見るとこの間北海道から

久しぶりに里帰りして会った友人から

はがきが届いていました

彼女とは横浜元町からみなとみらいまで

しゃべりまくり歩きまくりましたが

仕事中 ここらへん 一緒に歩いたんだよなぁ

って思い出して 気になっていた人

はがきの裏を見ると富士山ではないけれど

山からものすごい光が出ている写真

「日の出」

今日これと正反対の「日の入り」

ダイヤモンドヘッドを観にいくつもりでいましたが

朝は富士山が何とか見えたけど

ぱらぱら雨が降ったり 雲が厚くて

お日様が見えない・・・・ので諦めました

それにしても 素晴らしく対照的でした

みんなやっぱりつながってるんだな

なんとなくそう思った日でした

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 3日 (金)

BALIとみなとまちよこはま

田口ランディのなつかしい本book 

7days in BALI をみつけ読んでみました

昔読んだときとは全然違う感覚

昔 東京にいると 息があまりにも詰まるので

逃げ込んだのは 常にバリ島bud

初めて行った時は

クタのホテルとサヌールのマリンスポーツと

どこかのホテルで観たダンスのディナーショー

銀細工のアクセサリーをうそみたいな値段で買ったり

ウブドに住み着いている友達を紹介され

行ってみると 普通の民家に住みついていて

上半身裸のおばあちゃんにびっくりしたり

ライステラスに感動したり

でももう2度とこないだろうと思ったのに

そのうちに若い女の子たちが

ダンスを習うために長期滞在しはじめ

バリ男性の逆玉の輿のターゲットになったり

きのこきのこ シルバー全部で千円

の掛け声にうんざりしながらも

大きらいになる人と

大好きになる人と

真っ二つに分かれる島でした

そういえば このブログの cafe lotus も

ウブドの名物カフェロータスからとったのでした

近くにいるサラスヴァティー弁財天さまが大好きでした

ヒンズー寺院の礼拝の仕方

女の人の毎朝の花の祈り

森の中のホテルチャンプアンの描写

とても懐かしいと同時にランディさんの描くバリは

やっぱりかなりディープです

読み終わると バリの絵画が浮かんでくるから不思議です

椰子やバナナの葉の陰に隠れているものが見えてきます

ガムランを習いにバリに来て行方不明になったミツコを

主人公マホが探しに来るという話です

2人は元々ピアニストを目指していて 

マホはほとんどのことを

音階に置き換え 捉えます

バリの総本山ブサキ寺院で祈りを捧げ

マホはGメジャー7の和音を受け取る

美術館にあるミツコの下宿先の主人でもある

画家の絵の前で音楽を聞き 

どこかへ連れて行かれそうになる

いなくなったミツコは人間が次元を超える謎は

ガムランにあるといった

美術館で知り合った不良外人に誘われ

トランスダンスを観にいきレイプされてしまう

その時トランスしてミツコにも会い

このまま帰りたくないと思ったとき 

白い毛むくじゃらの動物=バロン

=バリの神様に戻りなさいといわれ

肉体に戻って来る

呪術師の元へ行き自分の中に作り出してしまった

癒されない子供 生まれたがっている子供を

青虫としてこの世に出し土に返すことによって

世界と一体化させる

子宮は次元を下から上へと登るためのブラックボックス

人間はオクターブを下がることはできるが上がることはできない

でも子宮にはオクターブの闇を超える力があると知る

読んでいてもう1つのことを思い出しました

このブログの副題は「こころという宇宙」

ださいっと我ながら思うのだけど

ある時自分の中に降りていったら

自分を突き抜けて出たところが

宇宙空間で そこに浮いていたという

体験をして そのことが忘れられないので

くさいっと思いながらも そのフレーズなのです

そしてニュピ(新月)の日 マホは

画家ラーマさんの家で断食し寝ずに瞑想します

月が出ていないので感情も鳴りを潜める

人間離れした奴だけがオクターブの上にいける

上に行ったら下にも降りてこられる

ミツコは上に行った 気が向けば降りてくる

ミツコがやってきてマホの身体に入り

2人の大好きなオダに会いに行き思いを遂げる

画家ラーマもオクターブ上からやってきたことを知る

世界はらせん状に続く無限のオクターブで

自分の認識世界の上にはめったにいけないことを知る

身体は音と呼応して個別の色と音を持っている

それがチャクラの7つのゲート

7の上にも下にも無数の7が存在し

8に移行するときが新しい7の始まりになる

オクターブの平均律は宇宙の仕組みをまねて作られた

ドからドまでは13音

マヤの暦も13

亀の甲羅も13

終わりと始まりはオクターブの違う同じ音

永遠の繰り返し

音楽の世界はシンプルに宇宙と呼応している

それに気づかなければそれを越えることはできない

バリ島はつながりやすい

さっきまでもう1つのブログを書いていたのですが・・

4月から始まった横浜みなとまちでの

仕事のことを書いていました

昨日と今日 そこでちょっとショックを受けたのです

2000年か2001年に夢を見ました

代官山の駅が巨大な赤っぽいレンガの

時代ものの建物になっていて

駅なのにマンションで

そこに元夫が住んでいてhappy02

(代官山は夫が住んでいて

職場があった場所でした)

私と夫はもう別々に住んでいて

その部屋に私も住めないかなーと見に行くと

古くてひんやりしていて暗くて広い部屋

どこかの部屋のクローゼットが開いていて

扉の中から子供達が出てきて

はしゃいで走り回ります

その子たちは透明で私以外の人には

見えないらしい

そのクローゼットへ私と元夫が入って行くと

どこかの土地に出ました

そこにいた夫の仲間を紹介してくれます

みんな透明で知らない人たちで

知らない世界でうまくやっているのだと

私はさびしくもあり安心もします

目が醒めたとき 元夫が

死んでしまったのではないかと

心配しましたがそんなことはありませんでしたヽ(´▽`)/

夢を覚えない私がかなりリアルに覚えている

異次元の夢でした

F師に相談したらそれはいい夢だよ

元夫が浄化してくれたんだよ

みたいな解説をしてくれました

それからしばらくして

まだ結婚していませんでしたが

テラ夫妻と横浜までドライブに行きました

横浜港記念会館の前を通りかかったとき

夢で見た駅のホーンティッドマンションだあああああ

と鳥肌が立ちました

それ以来 たまに通りかかるたび なんだか怖いのです

それが新しい勤務先のほんとにすぐ近くにあることを

昨日知り 今日は真横を通りました

もう鳥肌は立たないのだけれど・

今 開港150年記念かなにかの祭典があると

仕事初日に同僚に聞きました

私的にはあの建物は バリのように

別のオクターブにつながる場所なのだと

さっき気づきました

あの夢がそういっていました

記念館の塔はジャックの塔といって

近くの神奈川県庁(キング)・横浜税関(クイーン)の

横浜三塔を一望できるスポットを巡ると願いがかなうと

いう言い伝えもあるらしい・・・

怖すぎて探す気にもなれない・・・

やっと決まった仕事がそんな場所にあり

新たにスタートした部署で

初めて会う人と初めての仕事

毎日研修研修ですが

みんな初日から気が合って

仲良しでにぎやかで笑いが絶えなくて

前から知り合いだったんですか?といわれるほど

この人たちとの縁もとても不思議です

みんなそう思っているようです

来るべくして来た場所のようですが

なんでだろう?

それにしても この本を読んでなかったら

とても分かりにくかったに違いありません

絶版でしょうか

7days in BALI 田口ランディ 2002年

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »