« 豊かに成功するホ・オポノポノ | トップページ | 岩清水八幡宮のお守り »

2009年5月17日 (日)

神奈備

今朝 急に「かんなび」と言う言葉が浮かんだ

この言葉が来たのは2度目のこと

一番最初はある本を読んでいて

ホワイトブラザーズフッドの医療団を

呼び出して治療してもらうという

こう書いてるとなんだかとっても怪しい感じsweat01

でもとっても効き目があって信頼してたのですが・・

どうしても本の名前が思い出せず

その本も手放してはいないと思うのだけど見当たらず・・・

確かパンタ笛吹きさんが絶賛してたのだか訳したのか?

ヴォイスから出てたような気がしたのに検索しても出てこず・・

2001年頃出版された本だったはず

まあとにかくホワイトブラザーズフッドの医師団を

呼び出すときにそのチームに名前をつけることになっているのだ

瞑想して浮かんだ名前をつけることになっているのだが

私の場合最初「カーナビ」と浮かんだ

えっ???なにそれっ

おかしいおかしいと思っていたら よく聞くと「かんなび」

えっ?それってなに?なんだか聞いたことがある・・・

でもそんな名前は嫌なので勝手に好みの名前をつけようと

頑張ったのですがどうしても駄目で「かんなび!!」と

内なる声だか 上からの声だかが頑として受け付けない

それで初めて自分の勝手につけてはいけないことを理解しsweat02

私の特別医療チームは「かんなび」となりました

呼べば今でもきてくれます・・・・と言っても最後に呼んだのは

2年くらい前でしょうか・・・

そして横になりお願いする手順を踏んでじっとしていると

治療が始まるのですけどね;:゙;`(゚∀゚)`;:゙

本を読めば全然怪しくないことが分かる・・と思うのですが

ま それはおいといて

とにかく「かんなび」

その時も調べたのですが 

久々に浮かんできたのでまた調べてみました

ウィキペディアの神奈備によると

神名備・神南備・神名火・甘南備とも表記する。

「カンナビ」は「神並び」の「カンナラビ」が「カンナビ」となったとする鎮座の意味や「ナビ」は「隠れる」の意味であり、「神が隠れ籠れる」場所とする意味であるという解釈がある。

神奈備(かむなび・かんなび・かみなび)とは、神霊(御霊)が神留る(かんずまる)場所としての御霊代(みたましろ)・依り代(よりしろ)を無数に擁した領域の事や、自然環境を神体(しんたい)とした神代(かみしろ)のひとつの在り方。

神が「鎮座する」または「隠れ住まう」山や森の神域をさし、神籬(ひもろぎ)磐座(いわくら)となる森林神木(しんぼく)や鎮守の森(霊峰富士)をさし、または夫婦岩)や那智の滝)などの特徴的な自然物がある神のいる場所をいう。神籬と磐座の総称でもある。

神のおられるところ しかも 森や山♪ 三輪山とかね

現在の神社神道としての神体は「社(やしろ)」であり、神奈備とはいわない。神社神道も元は、日本で自然発生的に生まれた原始宗教ともいわれ、自然崇拝精霊崇拝を内包する古神道から派生し、これら神社神道も古神道も現在に息づいている。現在の神社には、神体として注連縄が飾られた社があるが、同時に境内の内外に神木や霊石としての岩や鎮守の森、時として湖沼などの神体が存在し、主たる賽神(みこと)とは別に、自然そのものの神体が存在する。また歴史の古い神社では、社だけでなく拝殿本殿もなく、自然の神奈備そのものを賽神としてっているところもある。

なるほどー

林とか森とか池とか湖とか滝とかいわくらとかいいですねー

「かんなび」はホ・オポノポノでいうところの 直感orインスピレーション

どちらから来たのかわからないけど

ヨークくんの療法のためにもあちこちの 

森や山を歩いてみよう!と思っていた矢先なだけに

タイムリーなことばかもしれませぬ

そしてふと思ったのは神奈川県の神奈は神奈備の神奈だなぁ

広島の甘南備神社

京都の甘南備山

甘南備山登山

神奈備山

その名も神奈備というHP 面白そう!

神奈備の意味

神奈備はアニミズムとしての神道の一部でもあることから、自然への感謝や畏敬や畏怖の体現でもあるが、そのほかには、神の住まう場所としての神域や、常世(とこよ)と現世(うつしよ)の端境。または、その常世と現世の往来を制限するための結界の意味や、禁足地とする例もある。

また自然環境保護の観点から自然を手付かずに残す事例としても着目され、里山やそれらに伴う文化の一部として貴重であり、実際にこのような場所から新薬の開発のきっかけとしてのその土地固有の土壌細菌が発見されていて、また世界中の自然環境学の研究者などが、研究のため訪れる場所ともなっている。

なるほどー

まだ人知れない神奈備があるんだろうか?

人気のない 鳥の泣き声だけがする 木漏れ日の中の

山道を歩いていると とてもとても畏怖や畏敬のような敬虔な

気持ちになることは確かです

そういうものをもっともっと取り戻したい感じ

でもまだ なぜ 神奈備なのか

いまいち 意味が分かってないなぁー

Photo

Photo_2

写真的には大失敗なのですが なぜか好きな一枚

|

« 豊かに成功するホ・オポノポノ | トップページ | 岩清水八幡宮のお守り »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1159418/29659570

この記事へのトラックバック一覧です: 神奈備:

« 豊かに成功するホ・オポノポノ | トップページ | 岩清水八幡宮のお守り »