« ホ・オポノポノについて | トップページ | 湘南平⇔高麗山 »

2009年5月 6日 (水)

白山菊理媛と瀬織津姫

crown

昔 居候させてもらっていた家の大家さんであり

はるかかなた昔の姉であり

今生でも身内のようにお世話になり

仲が良いのか悪いのか良く分からない人がいてhappy02

彼女の言っていたこと 連れて行かれた場所の意味は

その時にはさっぱり分からず あとになって

そうだったのかーと分かるのですが

連れて行かれた場所の1つに

石川県の那谷(なた)寺がありました

彼女の知り合いの上野のお寺の住職さんの

高野山系の仲間として紹介してもらったのが

縁で行ったような気がします

その時の不思議な話は前に書いた気がしますが

そのあと 白山比咩神社にも行きました

ここもおすすめ白山比咩神社サイト

スーパー白山林道が通行止めで

その奥にはいけませんでした

またまたStyleFMの夢神社 ですが

15回めの話はそのことでした

白山菊理媛(くくりひめ)というのは

日本書紀にただ1度だけでてくる神様で

イザナギとイザナミのけんかの仲裁役をしたそうです

神社研究家の原さんによると

イザナミ=白山菊理媛=十一面観音で

白山菊理媛はイザナミの良心の部分なのではないかと

いう解釈をされていました

なるほどー

そして 北斗七星と伴星アルコルをあわせ八つ

それと北極星をあわせた九星は大嘗祭にも

祭られる組み合わせで

くくり=九クリ=九星を束ねた存在だそうです

白山比咩神社は人生の選択のとき 

節目のときに行くと良い神社だそうです

悪い縁を切ってくれるのだそう

彼女は年に5回もお参りにいくそうです

ここの湧き水を持ち帰り不浄の場所に置いたり

引越しする前の24時間前においておくと良いそうです

ここのそば鶴来というところにある金剣宮きんけんぐう

ここをお参りしたあと 富士浅間神社で結ぶと

出世の近道・金運がつくそうです

鶴来=剣なのではないかと言っています

そして巨大な11面観音が那谷寺にありますが

宇宙全てを束ねた存在といわれているそうです

そして今週火曜放送の夢神社16回では

奥州三大霊場について

出羽三山(月山・湯殿山・

恐山

金華山

金華山は牡鹿半島の近くに浮かぶ島で

山の名前でもあり

島全体がご神域で金運にきく

黄金神社(こがね)があり

3回お参りすると縁を結べるそうです

弁天様もいます

秀真伝(ほつまつたえ)によると

ここは豊受神が住んでいる場所と

言われているそうです

豊受=瀬織津姫という説があり

瀬織津姫は白山菊理媛と並ぶミステリアスな神で

ゆかりの場所といえば遠野

原さんが六本木のマンションで寝ていたら

壁一面にある映像が浮かび

それは1つの丸を囲むように丸がある図形で

その後 遠野の瀬織津姫縁の神社に

お参りに行ったらそこの紋がまさしくその形で 

九曜紋だったことが分かったそうです

瀬織津姫は天照大神の12人の妃の頂点にいた方だが

とても力が強いせいかある時

まがつ神にされてしまったそうです

その神を祭る場所を探し 北へ北へと逃れてきた

一族がいるのではないか?と原さんは言っていました

そこでまたまた思い出したのは 元大家の元姉happy01

彼女は10年前以上から瀬織津姫瀬織津姫と

1人で騒いでいて 彼女の家系は京都から東北へと

逃れていってるなぁ・・・・

神社の紋と言えば・・・

走水神社に行ったとき

屋根に3つも飾ってあった紋

Photo 

これって一体何?って思っていたのですが

四星でしょうか

三ツ星はシャンバラの聖印だとお釈迦様が言ったそうです

オリオン座の三ツ星とも言われています

night

|

« ホ・オポノポノについて | トップページ | 湘南平⇔高麗山 »

神社仏閣めぐり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1159418/29443276

この記事へのトラックバック一覧です: 白山菊理媛と瀬織津姫:

« ホ・オポノポノについて | トップページ | 湘南平⇔高麗山 »