« 岩清水八幡宮のお守り | トップページ | リコネクション・ウイングメーカー »

2009年6月14日 (日)

クムラン・治療島・新光の12日間

ちょっと前に図書館で「クムラン」という本を見つけました

死海文書にまつわる小説らしい

死海文書とかイスラエルのこととかキリスト教ユダヤ教について

いまいちというかさっぱり分かってない私だけど 

この本にはなんとなくぴんとくるものが・

小説のほうが事実に案外基づいて核心に迫ってたりするもの

そして全く期待を裏切らないどころか それ以上でした

著者はエリエット・アベカシスというまだ27才の美女

しかも天才哲学者 父親は高名なラビ

それでもこんな小説が書けるなんてオドロキ桃の木山椒の木ですbud

イエスと呼ばれる青年がエッセネ派の導きによって救世主となっていく様子が

死海文書を巡るさまざまな事件を織り交ぜながら

現代のエッセネ人のメシアに選ばれた主人公を通して描かれていて

彼はユダヤ教のカバラに一生を捧げるべく経験に生きている若者

カバラの叡智は数秘術などで 私達も恩恵を受けたりしているけれど

実はそんなに簡単に学べるものでもなくものすごく奥が深いのだと

読んでいると良く分かる

額に浮かぶ文字を読んでその人となりを知ったりとか

瞑想で事の真相を観たりとか

カバラの知恵で主人公アリーが色々な局面を

切り抜けていくところがさいこーに面白いです

ちょー難解な哲学的文章の羅列はスキップしましたがsweat02

訳者の力量も素晴らしく感動ものでした

これには続編があり「クムラン-蘇る神殿」

一気に読みました

常々知りたいと思っていた

エッセネ派についてやユダヤ教・カバラの奥義

宗教・宗派・民族・言語・記号・呪術などなど

複雑すぎてよく分からないイスラエル周辺の歴史

どのように宗派が別れていったのか

主義主張の細かなちがいなどが

分かりやすく語られているところがすごい

そしてものすごく面白い物語つき

これですっかりエリオットファンになった私

クムランは3部作のはずなのに

3冊目が全く出ていません

一体どーなっているのでしょうか

しかたがないので

次の作品「黄金と灰」もありがたいことに

我が街の図書館にあったので

続けて読みました

かなり衝撃的な情景から始まります

神学者の殺人を巡って

ヒトラー・ナチスのホロコースト

ユダヤ人の受けた迫害の深さはユダヤ人にしか分からない

ホロコーストはまだまだ終わっていない

絶対悪というものは存在する

そんなテーマをホロコースト生き残った家族や

歴史学者・新聞記者・キリスト教の神父などを通して

フランスを舞台に延々と語っています

ラストは衝撃的です

ユダヤ人であるということは

どんなに重いものを背負っていることなのか

たぶん 彼女の言うとおり

ユダヤ人ではない私には

全く分からないことなのだと思いました

あまりに衝撃的な本だったので

前作のクムランもふっとんでしまい

実はまとめて書いている今

思い出すのに苦労しました・・・

そしてその衝撃のまま

次にたまたま読んだのが

これもベストセラーになったらしく

一気には読みましたが

興味深くびっくりしたのは

先に読んだ「黄金と灰」では

殺人犯は多重人格者だったのですが

これも12歳の女の子が

統合失調症ともう1つ精神病を併発している

犯人によって殺害された物語だったということ

この犯人は自分のなかでセラピストを作り出し

自分で治療していくのですが

「黄金と灰」の主人公ラファエルも実在しない

親友を作り出し 彼の生活の中には

確かに実在していたのです

なのに 誰もがそんな人はいないと言う

どちらの本も主人公の視点で書かれているので

読者は主人公と同じように語り 行動する

登場人物は全て実在すると思うわけです

普通の人間だって思い込みで事実とはかなりずれた

認識を持ったりするものなので かなり怖いです

そんなことを思いながら次に読んだのが

これまた今頃「新・光の12日間」

旧バージョンにはかなりインパクトを受けたものでしたが

新バージョン やっと読みました

ここにはヒトラーというか ユダヤ民族の歴史的秘密が

書かれてあってほぉぉー

これをエリエットが読んだら一体どう思うのだろうか?

彼女はカルマ論とかで片付けてほしくないだろうなあと思いつつ

なぜユダヤの民族はこんなにも迫害を受けなければならないのか

彼ら自身が納得できるときが早く訪れるといいと思いました

これからおきる一大イヴェントを乗り越えるには

とにかく葛藤をなくすこと

神経症ともいえる葛藤の塊である私としては 

ホ・オポノポノでクリーニングしまくり

少しでもなくしておくしかないなと・・・・

とにかく最近読む本は内容でしりとりでもやってるのか??

と思うほどテーマがつながっててびっくりぎょーてんsign03

・・・ってここまで14日に書いたままほっといてUPするの

すっかり忘れてまして、すでにものすごい過去のことのような感じが

しますがせっかく書いたので・・・。

|

« 岩清水八幡宮のお守り | トップページ | リコネクション・ウイングメーカー »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1159418/30102955

この記事へのトラックバック一覧です: クムラン・治療島・新光の12日間:

« 岩清水八幡宮のお守り | トップページ | リコネクション・ウイングメーカー »