« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月

2009年10月19日 (月)

金星からレムリア

前から聞いていたオムネクオネクの本を借りて読んで・

とってもわくわく きちんと強く生き生きと意図することで

現実に物質が即・創り出せる・・・ひよえ~

そろそろそのように強く意図する練習が必要かと・

金星には私もいたはずなのだが そのようなことがかつて

できていたとはとっても思えない・・crying

その次に読んだのが「レムリアの真実」

これはシリーズ3冊目だったので

「最初の2冊を読んでないから分かりにくい」と

テラさまに言ったら

「あるよ 一冊目」

どっひゃ~

2冊目は現在リクエスト中(テラ姉は持ってるらしい)

最初に一冊目を読んで

レムリアでは今のような肉体ではなかったし男女両性具有だったらしいけど

この本ではレムリアからアトランティスに転生した人はいないとある・・・

そんなはずないって思う

両方の記憶があるから・

で 3冊目「レムリアの叡知」を読んでいると

次々と難問続出

このように現実でも進展がないと瞑想だけしていても

意味が無いのは当然だが 実際起こってみると・・

しかも次々と・・きついっす

だけど ここを通り抜けずに何がアセンションなのかとか思う

あまりの怒涛さに ちょっと読むのをストップもしたが

(そうすると現実の問題も小休止になるhappy02

うっそぉと思うけどホントホント

たぶん色んなワークが入ってて読んでるだけでも

癒しとかクリーニングとかデトックスが起こってしまうと思われる

気に入っていたのは一冊目にあったひすいの神殿に行くことで

就寝時には自動的に連れてってくださーいと頼んでましたしねthunder

3冊目はワークだらけで 本当に真剣に生き生きと思い描くことって

言われたので かなり感情込めて力入れてやりました

毎日朝とか夜やるべきなんだけど やろうと思ってるけどやってないですけど

それでも・・・現実のデトックスはすごい

今の職場に来たときから縁のある人たちだって分かっていたし

なにかあるんだろうなーとは思っていたけれど

まさか みんなで協力して切磋琢磨しあうというかこんな出来事が起こるなんて・

いやぁ赦しあうって大変・

けど実際は素晴らしい出来事が起こっているのだと思う

・・ので来月から私は1ヶ月間まさしく修行が始まります

ツールはこの時のためにか?と思えるくらいに色々集まっているので

それらを駆使して・・なんてそんな余裕があるのだろうか・・とにかくやらせていただきます

じっさいやることとは 周りに渦巻く嵐を眺めながら

自分の内側をひたすら見てクリーニングするということだと思うのだけど

嵐のまっただなかに入っていくのでどうやって

吹き飛ばされないようにするのかを体得するのが簡単ぢゃない

でも覚えたらすごい進歩

その中でツールの1つとしてやって来てくれたのが「ローフード」

law です 生=なま

これにはとても運命的なものを感じます

内側と外側と両方から宇宙とつながっていけというお達しだとloveletter

その合間に よしもとばなな×ゲリー・ボーネルの対談集

「光のアカシャ・フィールド」を読んだ

ばなながどうやって本を書いているか知ってどっひゃぁぁ~

ある意味作家と言うのはみんな導管となって書かされているのだとは思うけど

ここまではっきり自分以外の存在から聞き出して自分のものとは区別して

提出するっていう感じだったとは以外です

立派な巫女・霊能者です

みんながそうなる時代がやってくる

自分がみーんなすけすけに見えちゃう時代

その準備 しなくては

たとえ風が吹き荒れようとも 目の中typhoon中心で 静かに涼しい顔して座ってる

それが目指すところでしょー

あ そうそうテロスって地球の中にあるんだよ!!

シャンバラやアガルタももっとたくさん実は都市があるらしくて

そういうことも一気に耳に入ってくるので

ついていけるかとっても心配

でも どんどん物事の断片がつながり始めてるような・

| | トラックバック (0)

2009年10月12日 (月)

お祓い日和

search
加門七海さんの「お祓い日和」を読みました
私の一番のお祓いグッズは
ホ・オポノポノの4つの言葉と
消しゴムつき鉛筆
ほかにも竹炭やセージのスマッジやお塩に水晶
わりと色々あるものですが
日本人ならではのお祓いグッズ
良く知ってるものも
知らなかったーというものも含めて
こんなにあるのかーって感じです
塩・香・鏡・石・水・砂・鋭・粧・食・浴・緑・幣
に分かれたお勧めお祓いグッズが
写真入で満載
宮城県塩竃神社や住吉大社の清めの塩は
そんなのあったなんて知らなかった!!だし
手に入れたいと思うものもたくさん
塗香(京都松栄堂)
吉野の金峯山寺蔵王堂の五嶽神鏡は
道教の霊符の中でも最高の力を持つという
五嶽神形圖(ごがくしんけいず)が彫ってあるもの
蔵王堂は大好きなお寺ですが
こんな強力なお守りがあったなんて!!
3000円也
橿原考古学研究所付属博物館のショップの
三角縁神獣鏡手鏡
1200円也
aquarius
お水では
登った人しか入手できない
富士山頂の久須志神社の「金明水」と
浅間大社奥宮の「銀明水」
各500円也
砂は
京都伏見区の城南宮(方除で有名だそう)
の清めの御砂
500円也
東京墨田区向島の白鬚神社の
(方位の神猿田彦大神の神社)
方災除御砂
500円也
これは塩と米と一緒に散布するそうです
sagittarius
鋭としては
お正月に手に入れる
破魔矢や破魔弓
鎌倉八幡宮の破魔矢は力があるので
覚悟していただくようにと友常氏が言ってましたな
柘植か桃の櫛くし
桃の櫛はダイソーでも
売ってるそうです♪
真っ赤な口紅rouge
シルバーのアクセサリー
riceball
食としては
なんといってもお米
朝に飲むお茶japanesetea
bud
植物では
家の鬼門に白南天
赤いのではないそうです
赤だとばかり思ってた・・・
桃は香りが魔よけになる
季節にはたくさん食べよう
山桃もいいそうです
昨日 葉山の朝市に出てなかったっけ?
cherryblossom
そのほか年越しそばにおせち料理にお屠蘇
日本の昔からの伝統行事は全て
季節の節目のデトックス効果があったり
健康に良かったり
いかに強力なお祓いだったりするのか・
素晴らしい知恵に満ちているのだと
改めて認識しました
cherry
10月は「亥の子餅」
亥の日に牡丹餅ぼたもち=おはぎを
食べると病気にならないとされているのだそう
昔は5種の穀物・果物・お砂糖で作ったそうで
一体どんなおはぎだったのでしょうか
亥の子というのは畑の神様なので
この日は畑に入ってはいけないのだそうです
apple
次は12月22日の冬至
風邪を引かないために
かぼちゃと小豆を食べて
柚子湯に入りましょう
柚子もかぼちゃも太陽を象徴していて
陽の気を身体に取り入れるのだそう
こんな感じの知恵がまだまだいっぱい
暦と共に一家に一冊欲しい
お祓【はら】い日和 その作法と実践 (幽BOOKS)

著者:加門 七海

お祓【はら】い日和 その作法と実践 (幽BOOKS)
book

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »